ディーラーの下取りとの価格差に驚き!

廃車にする前に、コレを試してから!
事故歴アリの愛車でも現金化した方法です
最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪

廃車を決めたら、確認したい事項とは


事故車を廃車すると決めたら、いくつかの点を確認しておかなければなりません。

 

まず最初は、廃車手続きには3種類があるので、それぞれどのように違うのか、また自分がどれを行うのかを確認します。

 

廃車手続きには、一時抹消登録永久抹消登録解体届出の3種類があります。

 

この3つの廃車手続きはそれぞれに内容が違います。

 

まず一時抹消登録とは、一時的に車の登録を解除して、公道で走れないようにすることです。

 

またいずれ走ることが前提であり、登録は解除されても車はそのままどこかに保管されます。

 

永久抹消登録とは、登録を永久に抹消することであり、車を解体して廃車することが前提です。

 

再び登録されることはなく、車も解体されて二度と元に戻りません。

 

解体届出とは、文字通り車を解体するときに行う手続きのことです。

 

永久抹消登録するためには、解体届出を行わなければなりません。

 

このように、廃車手続きには3つの種類があることを覚えておきましょう。

 

 

 

 

そして、自分がどの手続きを行うかを確認しておいてください。

 

次に確認しておきたいのは、廃車手続きに必要な書類です。

 

すでに述べましたが、廃車手続きには、一時抹消登録、永久抹消登録、解体届出の3つがあります。

 

必要書類もそれぞれに異なっているので、自分が行う手続きで必要な書類を確認しておきましょう。

 

一時抹消登

永久抹消登録

解体届出

印鑑証明書
委任状
車検証
ナンバープレート
手数料納付書
一時抹消登録申請書
自動車税・自動車取得税申告書

印鑑証明書
委任状
車検証
ナンバープレート
手数料納付書
永久抹消登録申請書
自動車税・自動車取得税申告書

所有者の委任状
登録識別情報等通知
手数料納付書
永久抹消登録申請書
代理人の印鑑
移動報告番号と解体報告記録がなされた日のメモ書き

 

 

まず、自分がどんな手続きで廃車をするのかを決めて、その手続きに必要な書類を確認してください。

 

また廃車手続きは、店に依頼して行う場合と自分一人で行う場合があります。

 

どちらを選ぶかによって用意する書類が違ってくるので、その点も前もって決めておきましょう。

 

事故車を廃車するときに確認しておきたい事項ですが、ここでは廃車手続きに種類があること、また手続きによって必要書類が異なることを紹介しました。

 

必要書類については、それぞれ採用できる条件がありますので、その条件についても確認しておいてください。

 

例えば、印鑑証明書は発行日から3ヶ月以内のものでなければならないなどの条件がありますので、これに注意しておいてください

 

>>>廃車手続き

 

廃車手続きの関連記事はコチラ

>>>自動車を抹消すると本当に自動車税が戻ってくるのか

 

自賠責保険の関連記事はコチラ

>>>自賠責保険の解約と返戻金

 

 

 

買取店のよっては50万の差が出ることも!

わずか32秒で最大8社一括査定!
事故車・廃車・他社で買取0円と言われた車もOK。

ズバット車買取比較