ディーラーの下取りとの価格差に驚き!

廃車にする前に、コレを試してから!
事故歴アリの愛車でも現金化した方法です
最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪

廃車手続き

車の廃車手続きはどのように行えばいいのでしょうか?

 

その手順や流れ、用意するものにはどんなものがあるのでしょうか?

 

こうした疑問点について考えてみましょう。

 

廃車手続きの手順や流れについて

 

まず、廃車手続きの流れについてですが、これはどんな方法で廃車するかによって変わります。

 

例えば、業者に頼んで廃車する場合は、解体業者に車の解体を依頼した後、管轄の陸運局に出かけて廃車手続きを行い、さらに自動車税や重量税の還付手続き、保険の解約などを行います。

 

これが一連の流れですが、この一つ一つは全て業者がやってくれることです。

 

自分で全て行う場合は、解体業者の手配から運輸局での手続きまで、全てを自分で行わなければなりません。

 

さて、廃車手続きには種類があることも知らなければなりません。

 

廃車といえば、車を解体して乗れないようにすることだと思ってる人もいますが、それだけが廃車手続きの全てではありません。

 

車を解体して乗れないようにすることは永久抹消登録といいますが、これに加えて一時登録抹消という廃車手続きもあります。

 

こちらは永久抹消登録とは違って、車を解体することなく抹消登録だけを行い、一時的に車に乗れないようにする手続きです。

 

後になってから手続きしなおせば再び車に乗れるようになるので、この点で一時登録抹消と永久抹消登録には違いがあります。

 

 

 

 

廃車手続きの選択は、車をどうしたいかによって決まる

 

車を完全に処分したいときは永久抹消登録ですが、いつかまた乗りたいけど今は乗れないという場合は一時抹消登録を選びます。

 

廃車手続きは、普通車と軽自動車でそれぞれ手続きする場所が異なります。

 

普通車を抹消登録するときは管轄の陸運局で行いますが、軽自動車を抹消登録するときは軽自動車検査協会で行います。

 

したがって、軽自動車を廃車したい人は陸運局に行っても手続きができないので注意して
ください。

 

逆に普通車は軽自動車検査協会に行っても廃車手続きできないので、こちらも注意して
ください。

 

>>>税金と不安

 

廃車手続きの関連記事はコチラ

>>>自動車を抹消すると本当に自動車税が戻ってくるのか

 

 

 

廃車手続きに必要な書類

 

それは、抹消登録申請書、解体証明書、手数料納付書、印鑑証明書、印鑑、ナンバープレート、自動車検査証、住民票、委任状です。

 

抹消登録申請書は陸運局で入手することができますので、手続きに行ったときに窓口でお求めください。

 

一方、解体証明書については、自動車の解体を依頼した業者に発行してもらいます。

 

印鑑は本人のものが必要ですが、必ず実印を用意しなければなりません。

 

また印鑑証明書は、発行後3ヶ月以内ものを用意してください。

 

 

買取店のよっては50万の差が出ることも!

わずか32秒で最大8社一括査定!
事故車・廃車・他社で買取0円と言われた車もOK。

ズバット車買取比較