ディーラーの下取りとの価格差に驚き!

廃車にする前に、コレを試してから!
事故歴アリの愛車でも現金化した方法です
最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪

事故車の買取と下取りの違い


事故車の買取と下取りは同じだと思っている人もいますが、買取と下取りではまったく違います。

 

何が違うかというと、まず売却代金の支払い方が違います。

 

買取の場合は売却代金をそのまま受け取ることになりますが、下取りの場合は、車の売却代金は新しく買う車の購入代金の一部に充てられます

 

つまり、買取では代金を直接受け取ることができますが、下取りでは直接受け取ることはできないということです。

 

まずこの点で両者に違いがあります。

 

 

 

 

さらに、車買取の取引先という点でも、買取と下取りでは違いがあります。

 

買取では、文字通り車買取業者に買取を依頼しますが、下取りは中古車販売店やディーラーに依頼します。

 

さらに、買取金額という点でも両者には違いがあります。

 

これはケースバイケースでもありますが、一般的には、車の買取金額は買取のほうが高くなり、下取りのほうが安くなります

 

業者によって違いはありますが、一般的にはこういう違いが出ます。

 

ということは、売却におけるお得感も買取と下取りでは違いがあることになります。

 

先ほど述べた一般的なケースでいえば、買取にすれば売却代金はお得になりますが、下取りすれば売却代金はお得にならないということです。

 

このように、売却代金的なメリットでは、買取のほう軍配が上がります。

 

 

しかし、車を新たに購入する場合は、その手続きにおいては下取りのほうにメリットがあります。

 

なぜなら、買取の場合は、車の売却先と購入先が別になり、手続き上の効率性が悪くなりますが、下取りの場合は車の購入と売却を合わせて行うことができる
ので、手続き上の効率性が良くなるのです。

 

書類の用意など煩わしさの負担が減ると同時に、手続きのスピードも早くなることはいうまでもありません。

 

 

 

 

以上のように、事故車の買取と下取りではいくつかの違いがあります。

 

その違いはそのままメリット・デメリットの違いに繋がっていきますので、事故者を売るときはそれをよく考えてどちらかにするかを判断しなければなりません。

 

両者の違いで注目されるポイントは、売却代金のメリットにこだわるか、手続きの効率性にこだわるかという点です。

 

車の売却代金にこだわるのであれば、下取りよりも買取を選んだほうがいいでしょう

 

しかし、手続きの効率性にこだわるのであれば、買取よりも下取りを選んでください

 

買取と下取りの特徴の違いからくる両者のメリット・デメリットは、売り手が何を重視するかによって見え方が違ってきます。

 

 

>>>事故車買取で準備するもの

 

買取店のよっては50万の差が出ることも!

わずか32秒で最大8社一括査定!
事故車・廃車・他社で買取0円と言われた車もOK。

ズバット車買取比較