ディーラーの下取りとの価格差に驚き!

廃車にする前に、コレを試してから!
事故歴アリの愛車でも現金化した方法です
最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪

事故車買取で準備するもの


事故車買取する場合は、事前に準備しておかなければならないものがあります。

 

それは、買取に必要な3つの書類です。以下が3つの書類です。

 

  • 自動車検査証
  • 自賠責保険証
  • 自動車税の納税証明書

 

それぞれの書類を用意するにあたって気をつけておくべきポイントを解説しておきましょう。

 

自動車検査証

まず自動車検査証ですが、これはどういう書類のことを指すか分かりますか?

 

これはいわゆる車検証のことで、どの車にも必ず付帯してある書類のことです。

 

この自動車検査証は事故車買取で絶対に用意しなければなりません。

 

なぜなら、これがないと買い取りはおろか査定することもできないからです。

 

査定ができないと金額が付けられませんので、絶対に車検証は用意しておいてください。

 

 

なお、紛失して車検証が用意できない場合は、再発行してください。

 

車検証の再発行は、管轄の運輸支局に届出をして続きすることによって行うことができます。

 

軽自動車の事故車買取の場合は、軽自動車検査協会にて車検証の再発行を行ってください。

 

 

 

 

自賠責保険証

次に自賠責保険証ですが、こちらも事故車買取の際に必要な書類なので、必ず用意しなければなりません。

 

人によっては自賠責共済の場合もありますが、その場合は自賠責共済証書を提出してください。

 

自賠責保険証は、車を使用済自動車として引き取る場合には要りませんが、買取の場合には必要な書類です。

 

もちろん、自賠責保険証ならなんでも良いという訳ではなく、ちゃんと保険期間中のものでなければなりません。

 

証書を紛失した場合は、該当の保険会社に連絡をして再発行してもらってください。

 

 

 

自動車税の納税証明書

最後に自動車税の納税証明書ですが、こちらも使用済み自動車として引き取ってもらう場合には用意する必要はありませんが、中古車買取として引き取ってもらう場合には必須となる書類です。

 

買取は買取でも、所有権解除を伴う買取もありますが、この場合にも自動車税の納税証明書が必要です。

 

この書類で注意しなければならないのは、有効期限を確かめておくことです。

 

中古車買取で提出する自動車税の納税証明書は、必ず有効期限のあるものにしなければなりません。

 

有効期限の切れた書類を提出しても、書類として認めてもらえません。

 

書類として認めてもらえなければ買取もできないので、有効期限についてはあらかじめ確認しておいてください。

 

 

以上、自動車検査証、自賠責保険証、自動車税の納税証明書、事故車買取では全部で3つの書類を準備しなければなりません

 

3つとも揃わなければ取引はできませんので注意しておいてください

 

>>>事故車買取はどんな車種でも大丈夫?

 

買取店のよっては50万の差が出ることも!

わずか32秒で最大8社一括査定!
事故車・廃車・他社で買取0円と言われた車もOK。

ズバット車買取比較