ディーラーの下取りとの価格差に驚き!

廃車にする前に、コレを試してから!
事故歴アリの愛車でも現金化した方法です
最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪

名義変更の手続き


車の名義変更手続きは、どのように行えばいいのでしょうか?

 

初めて行う人、やり方がわからない人のために、ポイントを紹介していきます。

 

まずは、車の名義変更を行うための必要書類を用意しなければなりません

 

書類はいくつかありますが、名義変更手続きを店に依頼してやる場合と、自分でやる場合とで数が異なることに注意してください。

 

手続きを店に依頼する場合は、新使用者の車庫証明書、車検証、新所有者の委任状、旧所有者の委任状、新所有者の印鑑証明書、旧所有者の印鑑証明書、譲渡証明書が必要です。

 

一方、自分で手続きをする場合は、申請書、自動車税・自動車取得税申告書、手数料納税、新所有者の車庫証明書、車検証、新所有者の委任状、旧所有者の委任状、新所有者の印鑑証明書、旧所有者の印鑑証明書、譲渡証明書が必要です。

 

どちらも同じような内容に見えますが、ところどころ違っているので注意しておきましょう。

 

 

 

書類が揃ったらいよいよ名義変更手続き開始ですが、その前に手続きの費用についても確認しておきましょう

 

名義変更手続きに費用がかかる?とおっしゃる方もおられるかもしれませんが、お金はかかります。

 

名義変更にかかる費用は、名義変更代行料、自動車取得税、ナンバープレート代、申請書の用紙代、移転登録手数料があります。

 

このうち、名義変更代行料、自動車取得税については、料金が状況によって異なります。

 

申請書の用紙代は100円程度、ナンバープレート代は1500円程度、移転登録手数料は500円となっています。

 

いずれも高価な費用ではないので、5000円もあれば十分でしょう。

 

 

 

最後に、名義変更手続きのやり方について紹介します。

 

まず事前に、手続きを行う場所を確認しておきましょう。

 

名義変更を行うのは管轄の運輸支局ですが、車の管轄がどこの支局なのかを確認しなければなりません。

 

確認ができたら運輸支局に行って、手続きを行います。

 

 

 

最初は用紙販売窓口に行って、必要な書類を購入しなければなりません。

 

ここで必要な書類とは、申請書、自動車税・自動車取得税申告書、手数料納付書です。

 

用紙を買ったら必要事項を記入していきます。

 

津銀費、印紙販売窓口に行き、登録手数料の支払を行います。

 

そこで印紙を受け取るのでそれを手数料納付書に貼ってください。

 

次にナンバー返納窓口にてナンバープレートの返却、さらに運輸支局窓口で書類の提出を行い、車検証の交付を受けます。

 

後は税申告窓口にして税金の申告を行い、新しいナンバーの交付を受けたら、それで名義変更手続きは完了です。

 

 

買取店のよっては50万の差が出ることも!

わずか32秒で最大8社一括査定!
事故車・廃車・他社で買取0円と言われた車もOK。

ズバット車買取比較