ディーラーの下取りとの価格差に驚き!

廃車にする前に、コレを試してから!
事故歴アリの愛車でも現金化した方法です
最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪

自動車を抹消すると本当に自動車税が戻ってくるのか

 

自動車を抹消すれば、収めた自動車税が戻ってきます。

 

確かにこれは事実ですが・・しかしそれが戻ってこない場合もあります。

 

それはどのような場合でしょうか?

 

これからそれを説明しますので、自動車を抹消する予定のある方はここをチェックしておいてください。

 

 

 

まず、そもそも自動車を抹消することでなぜ自動車税が戻ってくるのかについて考えてみましょう。

 

それは、自動車税というものが、毎年4月に翌年3月までの1年分を収めている税金だからです。

 

だから、例えば6月に廃車したとしたら、翌年3月までの残存期間が9ヶ月もあることになり、その分の自動車税が無駄になってしまいます。

 

ですからこの残存期間分について、月割りで返還される仕組みになっているのです。

 

ゆえに、自動車税の残存期間が残っている間に自動車を抹消した場合は、自動車税が確かに戻ってきます。

 

ところが、自動車を抹消したとき、すでに残存期間が残っていなければ、自動車税は戻ってきません。

 

例えば3月に車を廃車したとすれば、残存期間は一ヶ月も残っておらず、すでに一年分の自動車税の有効期間を満了した計算になるので、この場合は自動車税の返還はありません。

 

2月に廃車すれば、3ヶ月まで一ヶ月の残存期間がありますので、この場合は一か月分の自動車税の返還がなされます。

 

これで要領はお分かりになったでしょう。

 

 

 

つまり、自動車税の残存期間が残っている間に廃車にすれば、自動車税は戻ってくる。

 

しかし、残存期間がなくなってから廃車にすれば、自動車税は戻ってこない。

 

と、このような仕組みになっています。

 

ところで、自動車税の残存期間があっても、自動車税が返還されないケースもあります。

 

それはどういう場合かというと、軽自動車を廃車にする場合です。

 

軽自動車の自動車税といえば一万円以下と普通車に比べて安いものですが、このように比較的安価な税額であるため、軽自動車では自動車税の返金は認められていません。

 

軽自動車を廃車して自動車税の還付を受けようと思っている方は、このことを覚えておいてください。

 

少し余談になりますが、自動車税が戻ってこようとこまいと、廃車するなら3月中に行ったほうがよいということを覚えておいてください。

 

なぜなら、3月中での廃車をし損ねて4月を迎えてしまうと、また新しく一年分の自動車税を納めなければならなくなるからです。

 

また一年、翌年の3月まで乗り切るのであればそれでも構いませんが、5月や6月に廃車するのであれば、その2か月分のためだけに一年分の自動車税を支払うのはもったいないことです。

 

 

 

インターネットで高額査定を呼び寄せる方法!

 

一括査定サイトに複数登録しておくとさらに業者の間で買取競争が起こるので、高額査定に結びつく可能性がグーンと高まります。

 

 

ズバット車買取比較

 

  • 利用者の70%が5万円以上の査定額差を体験
  • 累計100万人以上の利用実績!

 

 

 

 

株式会社 タウ

 

 

  • 日本全国で買取実績1日あたり100台以上
  • 事故車の買取専門店。高額査定が期待大です

 

 

 

>>>トップページ

 

 

買取店のよっては50万の差が出ることも!

わずか32秒で最大8社一括査定!
事故車・廃車・他社で買取0円と言われた車もOK。

ズバット車買取比較