ディーラーの下取りとの価格差に驚き!

廃車にする前に、コレを試してから!
事故歴アリの愛車でも現金化した方法です
最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪

修理してから売却すると損をする

 

車を売却する場合、不具合の車を売るときは、その不具合箇所を徹底的に修理してから売ろうとする人もいます。

 

これは自然によく理解できることではあります。

 

なぜなら、査定前に修理しておくことによって、車の品質を高めることができるからです。

 

そして車の品質が高まれば、査定評価もよくなることは間違いありません。

 

少しでも高く売るために・・そのために車の不具合箇所を事前に修理しておくというのは・・決して悪いことではありません。

 

しかし、利益のことを最優先に考えれば、査定前に修理するというのは得策ではありません。

 

なぜなら、修理をすると、かえって車買取の利益は落ちてしまうからです

 

つまり、儲けは少なくなるということです。

 

 

 

こんなことを言えば嘘だと思われるかもしれませんが、本当のことです。

 

というのは、車の修理にかかる費用について考えてみてください。

 

それも、個人で整備工場に依頼してかかる費用と、業者が自前の修理工場で修理を行う場合にかかる費用です。

 

両者を比べた場合、明らかに個人で修理を依頼したほうが高くつきます。

 

なぜなら、個人で修理を依頼する場合は、原価での修理ができないからです。

 

原価+業者の利益を上乗せしなければならず、そのトータルの費用がかかるのです。

 

一方、業者の場合はどうかというと、業者の場合は自前の工場で修理を行えば原価で修理することができます。

 

余分に誰かに利益を支払う必要はなく、個人と比べてかなり安い費用で修理ができます。

 

業者の中には自前の工場がなくて、同業他社に修理を依頼する場合もありますが、その場合でも、業者間取引になるので、個人で依頼する場合よりはずっと安くなります。

 

さてこうした事情を考えていくと、車を修理してから売るというのは、売り手にとって経済的には損になるのではないでしょうか?

 

なぜなら、修理して売却すれば修理にかかった費用を増額されますが、でも、その増額された金額は、売り手が支払った修理代より安いのです

 

要するに、修理しないで売ったほうが金額的には損をしないということです。

 

むしろ、修理してから売却すれば業者を喜ばせるだけになるでしょう。

 

また、個人で修理を依頼する場合、必要な箇所まで修理依頼したり、相場を見ていなくて高い費用がかかる修理工場に依頼するなどして、必要以上に修理代がかかってしまうこともあります。

 

こうしたこともあるため、結果的には修理しないで売ったほうが得する形になるのです。

 

 

 

 

>>>自動車保険の保険金を使って修理に使わない

 

買取店のよっては50万の差が出ることも!

わずか32秒で最大8社一括査定!
事故車・廃車・他社で買取0円と言われた車もOK。

ズバット車買取比較