ディーラーの下取りとの価格差に驚き!

廃車にする前に、コレを試してから!
事故歴アリの愛車でも現金化した方法です
最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪

その車、事故車じゃないかも

 

事故車は売れないとか、事故車は業者に持ち込んでも相手にされない・・など、簡単に事故車という言葉を耳にしますが、その定義について正しく理解している人は少ないでしょう。

 

というのは、事故車という定義の中に、修復歴という意味も込めている人がいるからです。

 

いやむしろ、事故車といえば修復歴のある車のことだと思っている人もいるほどです。

 

しかし残念ながら、こうした理解は正しいものではありません。

 

 

 

厳密にいって、まず事故車とは、事故を起こした車、もしくは事故を起こされた車のことです

 

自分で運転していてガードレールにぶつけたとか、他人の車と衝突したという場合は、その車は事故車になります。

 

そして、自分に過失はないが他人の車に追突されたという場合は、事故を起こされた車となり、この場合も事故車となります。

 

このように事故車とは、事故を起こした車、事故を起こされた車のことを言います。

 

 

 

修復歴車とは

 

これに対して、修復歴車とはどのようなものでしょうか?

 

修復歴車とは端的にいって、車の骨格部分のパーツを交換したり修理した経歴のある車のことです。

 

少しややこしいでしょうか?

 

もっと簡単にいえば、次に挙げるパーツを交換したり修復した車は、全て修復歴車となります。

 

  1. トランクフロア
  2. フロア
  3. ルーフパネル
  4. ダッシュパネル
  5. ピラー
  6. インサイドパネル
  7. フレーム
  8. クロスメンバー

 

 

こちらは日本自動車査定協会が定義したものですが、今挙げたパーツを修復した経歴をもつ車は全て修復歴車です。

 

そして、修復歴車は修復歴車であって、事故車とは異なります

 

 

 

というのは、事故を起こさなくても経年劣化等で骨格部分の修復を行った車もあるからで事故車は、事故を起こした車・事故を起こされた車のことなので、修復歴があるからといって事故車とは限りません。

 

事故を起こさなくても修復が必要になるケースはいくらでもあります。

 

このように、事故車と修復歴車ではまったく定義が異なります。

 

車買取ではこれを誤解して、事故を起こしていないのに奪取パネルやルーフパネルを修復した車を事故車だと思って、買取業者への売却をはなから諦めてしまう人もいます。

 

確かに、本当に事故車であれば買い取りは難しくなりますが、修復歴車は事故車ではないので、買取を諦めるべきではありません。

 

今、自分が乗っている車を事故車だと思い込んでいる方は、どうぞ本当に事故車なのかどうかお確かめになってください。

 

よく調べてみたら、事故者じゃなくて修復歴車だったということがあるはずです。

 

 

 

>>>修理してから売却すると損をする

 

買取店のよっては50万の差が出ることも!

わずか32秒で最大8社一括査定!
事故車・廃車・他社で買取0円と言われた車もOK。

ズバット車買取比較