ディーラーの下取りとの価格差に驚き!

廃車にする前に、コレを試してから!
事故歴アリの愛車でも現金化した方法です
最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪

自動車保険の保険金を使って修理に使わない

 

自動車保険とは本来、事故が起きたとき、その事故によって受けた人や車の損傷をカバーするために備えられているものです。

 

ところが最近は、事故が起きて車に損傷を受けても、自動車保険を使わないケースが増えています。

 

これは得に、車の損傷をカバーするための保険、すなわち車両保険において増えています。

 

なぜ今、車両保険を使わない傾向にあるのか、その点を考えてみましょう。

 

 

 

結論からいってしまえば、事故で損傷を受けた車を修理するために車両保険使ってしまうと、保険の契約者にとっては経済的に損することになるからです

 

どういう意味で損するかというと、車両保険を使ってしまうことで、その後の保険料負担が増えてしまうという意味で損をします

 

これがまさに、事故車を売却する際は、車両保険を使ってしまうと、損してしまう理由です

 

例えば今の規定では、事故を起こして保険を使うと、ノンフリート等級が3等級も下がってしまいます。

 

ノンフリート等級とは、無事故無違反であれば毎年一つずつ等級が上がっていき、それに伴って保険料負担も少なくなるというシステムのことですが、その等級が保険を使うことで3等級も下がってしまうのです。

 

等級が下がれば、今までよりも保険料負担が重くなることは明々白々です。

 

そして、修理にかかる費用と等級下落によって重くなる保険料負担を天秤にかけたとき、保険料負担が重くなるほうがデメリットだと判断して、事故を起こしても車両保険を使わない人が増えているのです。

 

このようなわけで現在は、事故を起こした場合の車の修理に関しては、自動車保険を使わない人が増えています。

 

 

 

さらに他にも、自動車保険を使わない動きを加速させる要因があります。

 

それは、リサイクルパーツを利用した修理が浸透していることです。

 

従来は車の修理といえば新品パーツと交換するのが当たり前でしたが、最近はリサイクルパーツとの交換ができるようになり、新品を使う場合より修理代をぐっと安く抑えることができるようになりました。

 

したがって、わざわざ保険を使って等級を下げるよりも自費で修理を行ったほうが、その後の保険料金的には損しないですむという考え方が広まっているのです。

 

ちなみに、従来なら車両保険を使っても「等級据え置き事故」にしかならなかったものが、現在では「1等級ダウン事故」として扱われるようになりました。

 

これは最近の改定による変化ですが、こうした規定の変化もあって、事故で車を修理するときは保険を使わない人が増えています。

 

事故で車を修理しなければならなくなったときは、ぜひこのことを思い出してください。

 

 

 

>>>複数の査定を受けよう

 

 

買取店のよっては50万の差が出ることも!

わずか32秒で最大8社一括査定!
事故車・廃車・他社で買取0円と言われた車もOK。

ズバット車買取比較