ディーラーの下取りとの価格差に驚き!

廃車にする前に、コレを試してから!
事故歴アリの愛車でも現金化した方法です
最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪

軽自動車の廃車手続き

軽自動車の廃車手続きがしたいんだけど・・どうやったらいいか分からない。
そういう方はどうぞこちらをご覧になってください。
ここでは、軽自動車を廃車する場合の流れと、揃えるべき書類について解説しています。

 

軽自動車の廃車手続きは大きく分けて3つのステップがあります。

 

その点を意識しながら以下の解説をお読みになってください。

 

軽自動車の廃車手続きを完了させるまでの3つの流れとは、次の通りです。

 

 

  1. 廃車する軽自動車のボディーを解体
  2. 軽自動車の廃車手続きに必要な書類を用意
  3. 管轄の軽自動車検査協会に行って廃車手続きを行う

 

 

この3つのステップをクリアすれば、軽自動車の廃車手続きが完了します。

 

ただし、ここで一つ注意点があります。

 

それは車の解体についてですが、廃車手続きには「一時抹消登録」と「永久抹消登録」があり、このうち「一時抹消登録」を行う場合は、車を解体する必要はありません

 

車の解体が必要になるのは、もう二度とその車に乗らない場合だけですが、それに該当するのは永久抹消登録だけです

 

 

 

 

一時抹消登録ではその車にふたたび乗る可能性があるので、登録だけ抹消して車は解体しません。

 

よってこの場合は、解体を飛ばして必要書類の用意から行っていきます。

 

一方、永久抹消登録で廃車手続きを行う場合は、車を解体することから手続きが始まります。

 

車の解体は解体屋さんで行いますが、必要なことは車を解体するだけでなく、解体証明書を手に入れることもあります。

 

解体証明書は、車を解体したときに業者から発行してもらえますが、これがないと永久抹消登録ができないので、必ず発行してもらいましょう。

 

解体がすんだらいよいよ書類上の手続きに入りますが、手続きは管轄の軽自動車検査協会で行います。

 

手続きの前に必要書類を用意しておかなければなりませんが、その書類等は次の通りです。

 

  1. 軽自動車税申告書
  2. ナンバープレート
  3. 自動車検査証
  4. 軽自動車検査返納届又は自動車検査証明書交付申請書
  5. 認印

 

これら入手した書類の必要事項に記入をして、担当の窓口に提出、軽自動車検査証明確認書、自動車検査証返納証明書が交付され、納税義務の消滅手続きが終われば、軽自動車の廃車手続きは完了です。

 

一時抹消登録を行う方は、廃車した軽自動車を再度登録する必要があるので、そのときに必要になる毛自動車検査証返納確認、自動車検査証返納証明書を大事に保管しておいてください。

 

 

買取店のよっては50万の差が出ることも!

わずか32秒で最大8社一括査定!
事故車・廃車・他社で買取0円と言われた車もOK。

ズバット車買取比較