ディーラーの下取りとの価格差に驚き!

廃車にする前に、コレを試してから!
事故歴アリの愛車でも現金化した方法です
最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪

車検が切れた車の売却について

車検が切れた場合の車の評価額はどうなるのか?あるいは、車検切れだと買取店まで車を持って行くことができないが問題ないのか?という疑問を持つ人は多いようです。

 

結論を先に言うと、車検が切れていても問題なく、買取ができます

 

切れそうになっていてもすでに切れていても、そのままにしておいて大丈夫です。

 

むしろ、車検に出すと赤字になりますので何もしない方がいいです。

 

 

車検に出すとなぜ赤字になるのか?

 

実は自動車に車検が残っていることは、買い取り業者にとって大したメリットになりません。

 

車検の残った自動車を買い取っても、その車が売れるまでに車検の残り期間はどんどん減っていきます。

 

また、古い車や走行距離の大きい車は海外に転売されることもありますが、その場合外国には車検の制度自体がないため、車検がいくら残っていても意味がありません。

 

その上自動車買い取り企業は車検を行う自前の施設を持っていたり車検場と提携していたりして、普通より少ない費用で車検を行うことができるのです。

 

そのため、中途半端な車検が残っていてもほとんどプラスにはなりません。

 

逆に言うと、車検が切れていても売却者にとっては全然マイナスにはならないということであり、業者に気を使って車検を通したりする必要もないわけです。

 

実際、車検が切れるのに合わせて車を売る人は多いです。

 

確かに車検が残っていることで買取額が上がることはありますが、大きな金額にはなりません。

 

もし売却のために車検を受け直したら間違いなく赤字になりますので気を付けてください。

 

 

さらに、車検を受ける手間も無視できません。

 

普通どおりに車検を受けるだけでもそれなりの手間ですが、車検が切れている車の場合、公道が走れないためそのままでは車検場まで車を運ぶことができません。

 

そのため役所に申請して仮ナンバーをもらわなければならず、普通に車検を受けるよりも一層手間がかかります。

 

車検が切れていて公道を走行できない事を心配する方もいますが、売却の妨げにはなりません。

 

今では出張買取が当たり前になっているので、査定のために買取店まで車を持って行く必要もありません

 

引き取りの際も買取業者が積載車で持って行ってくれますので、安心して買取に出してください。

 

 

車検切れと一緒に自賠責が切れていることを心配する場合もあるわけですが、これも車検と同様の理由から全く問題にはなりません。

 

車検や自賠責が切れているからといって家に寝かしておいても、車の価値が下がっていくだけですので、なるべく早めに売却するといいでしょう。

 

買取店のよっては50万の差が出ることも!

わずか32秒で最大8社一括査定!
事故車・廃車・他社で買取0円と言われた車もOK。

ズバット車買取比較