ディーラーの下取りとの価格差に驚き!

廃車にする前に、コレを試してから!
事故歴アリの愛車でも現金化した方法です
最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪

自動車リサイクル料について

 

車を解体して廃車する場合は、自動車リサイクル料が必要になります。

 

この言葉はすでに車の世界では浸透して久しいのですが、車に乗ったことがない方にはなじみが薄いかもしれません。

 

そこで改めて、この自動車リサイクル料とはなにかについて説明したいと思います。

 

自動車リサイクル料のポイントは、どんな目的で支払うのか、いつ支払うのか、そして誰が負担するのかという点です。

 

それではポイントを順番に見ていきましょう。

 

 

 

自動車リサイクル料が作られた背景

 

まず最初の点は自動車リサイクル料の目的ですが、これは2005年に施行された自動車リサイクル法の理念に基づき、いたずらに車を廃車させないようにすることが目的です。

 

車を廃車するためには一定の料金を納めなければならないこととし、それによって廃車に歯止めをかけようというのが狙いです。

 

今の時代は、捨てるではなく再生することが主流です。

 

車の世界は特にそれが必要で、廃車される車が増えるとゴミ問題が大きくなるので、それにブレーキをかけるために自動車リサイクル料が設けられました。

 

ただし、車を廃車するといっても、車を解体しない一時抹消登録の場合は自動車リサイクル料を支払う必要はありません。

 

廃車手続きで自動車リサイクル料が必要になるのは、解体を伴う永久抹消登録のときだけです

 

 

自動車リサイクル料を支払う3つのタイミングとは

 

さて、次のポイントに進みましょう。

 

今度は自動車リサイクル料をいつ支払うのかという点ですが、これには3つのタイミングがあります。

 

一つは新車を購入したとき、二つ目は車検に通したとき、三つ目は永久抹消登録を行ったときです。

 

自動車リサイクル料は廃車するのにかかる費用なので、料金の支払いは廃車するときに行うと思われがちですが、実際には車を買ったときと、車検を受けたときにも行われます。

 

なお、リサイクル料金の支払いは義務であり、これを避けて車を購入したり車検を受けたりすることはできません。

 

もちろん永久抹消登録も、リサイクル料金の支払いなしに行うことはできません。

 

 

誰がリサイクル料を支払うの?

 

最後のポイント、自動車リサイクル料を誰が負担するのかという点を考えてみましょう。

 

これはいたって単純明快、ずばり車を永久抹消登録する人が負担します

 

なぜなら、自動車リサイクル料は車を廃車するのに必要なお金だからです。

 

新車購入時や車検時にも支払う必要がありますが、これは廃車するときのことを考えて前もって徴収しているだけであり、持ち主が車を廃車することなく売却すれば、その時点で支払った自動車リサイクル料は返金されます。

 

 

買取店のよっては50万の差が出ることも!

わずか32秒で最大8社一括査定!
事故車・廃車・他社で買取0円と言われた車もOK。

ズバット車買取比較