ディーラーの下取りとの価格差に驚き!

廃車にする前に、コレを試してから!
事故歴アリの愛車でも現金化した方法です
最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪

ネットオークションの罠

 

ネットオークションを利用すれば、普通に買うよりもずっと安く中古車を手に入れることができます。

 

車種についても、ネットオークションだとあなどれないほどたくさんのものが出品されています。

 

しかし、良い事もあれば少し残念な事もあるんです。

 

 

 

中古車販売業者で車を買うと中間マージンがある分価格は高くなりますが、それは安心を買っているとも言えるのです。

 

ネットオークションでは基本的に保証は一切なく、自分の身は自分で守らなければなりません。

 

ネットオークションでよくある不正として、出品者が競りにかけている車の価格を自分で吊り上げるというものがあります

 

複数のIDを使って入札したり、別人を装って同じ自動車の出品を繰り返したりということが行われていて、注意していなければ参加者は不正に気が付きません。

 

 

走行距離の改ざんにご注意を

 

専門業者と組んで走行距離を改ざんする不正も多いです。

 

大きな事故歴があるのにそれを隠したり、表面的な修復だけを行なって機能に問題のある自動車を出品する売主もいます。

 

そうした出品者の中には業者同士のオークションで売れ残った粗悪品をネットオークションに常習的に出品する業者もあります。

 

ネットオークションで入札するなら、ある程度の不具合はあって当たり前という覚悟が必要です。

 

こうした不正は、出品者の履歴や評判を調べることである程度見破るチャンスがあります。

 

しかし組織的に行われることも多く、手口も巧妙なものがあり、どれだけ調べても取り引きが絶対に安全だということはできません。

 

ネットオークション上の取り引きにはノンクレーム、ノンリターンであるものも多く、欠陥があっても返品を受け付けない売主がいるため、とりわけ注意が必要です。

 

 

 

もっと悪い場合には、落札した自動車の代金を振り込んでも納品が行われないという詐欺被害も起こります。

 

残念ながらネットオークションではこのような詐欺行為が横行しています。

 

過去にはインターネット広告を利用して偽のオークションサイトに誘導するという大がかりな詐欺事件もありました。

 

また必ずしも不正ではありませんが、車検の切れた自動車を落札する時にも注意が必要です。

 

陸送業者に頼んで自宅まで持って来てもらうことはできても、車検が切れているためそのまま乗ることができず、仮ナンバーをとった後に車検を通す必要があります。

 

名義変更や車庫証明、ナンバー変更などの手続きも必要に応じて行わなければなりません。

 

出品する側がトラブルに巻き込まれることもあります。

 

売主と買主は対等なはずですが、買主はお客として優遇されて当然と考える入札者から無茶なクレームがつくことがあるのです。

 

不当な言いがかりをつけられないよう契約内容に曖昧な点のないようにしましょう。

 

 

 

 

買取店のよっては50万の差が出ることも!

わずか32秒で最大8社一括査定!
事故車・廃車・他社で買取0円と言われた車もOK。

ズバット車買取比較