ディーラーの下取りとの価格差に驚き!

廃車にする前に、コレを試してから!
事故歴アリの愛車でも現金化した方法です
最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪

車のボディカラーはどのくらい買取価格を左右するのか

 

車のボディカラーが買取価格を左右するという話を聞いたことがあるでしょうか?

 

実際、他の特徴は全て同じでも車体の色が違うだけで買取価格は変わります

 

携帯電話などの家電も色によって売行きが違いますから、それと同じかもしれません。

 

機能の違いがないのに不公平な気もしますが、中古車の価格が需要によって決まることからこうしたことが起こるのです。

 

しかも、その価格差が馬鹿にならないぐらい大きいです。

 

色による価格差は買取価格の大きさによって異なり、100万円以下の取り引きだと数万円程度だと言われます。

 

これが200万円やそれ以上になると10万円、20万円、30万円と一層大きくなります。

 

買取価格が300万円、400万円に達するような自動車(例えば高級車)では、色が違うだけで50万円近い差が出ることもあると言います

 

売却する時のことまで考えるならば、車を買う時には高く売れそうな色のものを選んでおくといいでしょう。

 

 

 

 

新車では塗装の手間によって色ごとの価格差が決まりますが、中古車では状況が違っていて、人気のある色ほど高く買い取ってもらえます。

 

したがって、高値で売れる車を選ぶためには人気のある色を把握しておけばいいのです。

 

ここで自動車の色の人気について解説しましょう。

 

大まかに言うと自動車の世界では無難な色ほど人気があります。

 

 

具体的には一番人気が白、その次は黒、さらにその次はシルバーが好まれると言われています

 

白の中でも真珠のような光沢のあるパールホワイトは特に人気が高いという話がりますが、これは若者の好みと関係しているようです。

 

年配のドライバーより収入が少ない若者では、中古車の需要が高く、価格への影響が大きいのです。

 

パールホワイトに限らずメタリックカラーの自動車は、ソリッドカラーと呼ばれる通常の色よりも高く買い取られる傾向があります。

 

 

 

黒や白と反対に人気がないのは、黄色やオレンジ、緑、ピンク、紫など派手な色です

 

女性をターゲットにした鮮やかな色の車は、大概どれも買取市場では不利になります。

 

車の価格にもよりますが、10万円程度は買取価格が下がることを覚悟しておいた方がいいでしょう。

 

これらの色ほど派手ではありませんがベージュも人気がありません。

 

青や赤は割合派手ではありますが、自動車に使われる色として一定の地位を築いているためか、他の色よりは幾分人気があります。

 

グレーの需要も青や赤と同じぐらいです。

 

この傾向の例外として、特定のメーカーにおける青や赤など、車種のイメージカラーに合致する色の場合には高値で買い取ってもらえることもあります。

 

 

買取店のよっては50万の差が出ることも!

わずか32秒で最大8社一括査定!
事故車・廃車・他社で買取0円と言われた車もOK。

ズバット車買取比較