ディーラーの下取りとの価格差に驚き!

廃車にする前に、コレを試してから!
事故歴アリの愛車でも現金化した方法です
最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪

売却するベストなタイミングとは


事故車を売却するときは、そのベストなタイミングで行ってください。

 

ベストなタイミングとは、高額売却が期待できるベストなタイミングということです。

 

それはどんなタイミングでしょうか?

 

 

 

まず一つは、企業の4半期決算に合わせて売ることです。

 

企業の4半期決算とは、2月中旬〜3月、5月中旬〜6月、8月中旬〜9月、11月中旬〜12月ですが、このいずれかの時期に車査定をしてもらえば、高い金額がつきやすいといわれます。

 

実際の査定額は車種や業者によって異なりますが、4半期決算に合わせて売るだけで数万円高くなるといわれているほどです。

 

ですから、事故車を少しでも高く売りたい方は起業の4半期決算に売却を行ってください。

 

 

 

 

次のベストなタイミングは、車検前に売ることです。

 

車検といえば、残存期間がたくさん残っていたほうがいいと考えて、車検を通してから売る人もいますが、これはほとんど意味がありません。

 

つまり、車検を通してから売っても金額はほとんど変わらないということです。

 

なぜなら、車検を通すためにかかる費用が車の売却金額に上乗せされることはないからです。

 

したがって車検切れが近づいていても、車検を通さずにそのまま売ったがいいということになります。

 

つまり、車検前に売るのがベストなタイミングです。

 

 

 

次のベストなタイミングは、事故車を売ると決めたらなるべく早く売ることです。

 

今すぐ売る、それがベストなタイミングです。

 

なぜかというと、事故車であれなんであれ、車の価値は時間が過ぎるたびに落ちていくからです。

 

下がり幅は車種によって異なりますが、場合によっては一ヶ月で10万円も価値が下がることもあります。

 

どちらにしても置いとくだけで価値が下がることはあっても上がることはないので、売ると決めたら、価値が下がらないうちに早めに売るのがベストな対応です。

 

極端な考え方では、今日売るのがベストなタイミングです。

 

 

 

最後に紹介するベストなタイミングは、自動車税が課される前です。

 

車の所有者は毎年4月になると自動車税を納めなければなりませんが、その時期に事故車を売ると、納税負担によって売却利益が減ってしまうことになります。

 

したがって、少しでも利益をよくするためには、納税前に車を売却しなければなりません。

 

というわけで、自動車税を収める前に売る、これがベストなタイミングです。

 

ちなみに、車を売ったときは、残存期間に合わせて自動車税が自分のところに戻ってきます。

 

買取店のよっては50万の差が出ることも!

わずか32秒で最大8社一括査定!
事故車・廃車・他社で買取0円と言われた車もOK。

ズバット車買取比較